お問い合せフォーム
TEL-FAX
申請書ダウンロード

2017年11月7日
1年でいちばん記念日が多い日は10月10日?それとも11月11日?正解は?

DSCF5076

 最近、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、WEBなど、さまざまなメディアから寄せられる記念日協会への質問でいちばん多いのが「1年でいちばん認定登録されている記念日の多い日は何月何日ですか?」というものです。
記念日協会のHPで日付ごとに検索しても20件以上出てくる日が何日もあり、数えるのがしんどいと正直に話す記者の人もいました。
で、2017年11月7日現在の正解は10月10日と11月11日です。
この二つの日が日本記念日協会に認定登録されている記念日が41件といちばん多く、3番目は8月8日の37件です(毎月10日とか11日など、毎月ある記念日はカウントしません)。

じつは11月6日までは10月10日がいちばん多かったのですが、11月7日に「 ととのえの日」が認定登録されて11月11日も41件になりトップに並びました。
2017年1月1日から11月7日までの登録件数でも、11月11日は7件もあり、10月10日の4件、8月8日の3件に比べて急増しているのがわかります。

ではどうして11月11日は記念日登録が多いのでしょう。
まず、数字の「1」は直線的で棒のようにも見えることから、11月11日は棒状の商品や産物の記念日にしやすいこと。
また、数字の「1」は「いち」「ひとつ」「ワン」などとも読め、「11」になると「いい」とも読めるので、さまざまな表現で語呂合わせに使えること。
さらに数字の「1」は人を表しているようにも見え、11月11日は1年でいちばん「1」が多い日であることから、人に由来した記念日が制定できること。
そして「11」を漢字で書くと「十一」なのでプラス・マイナス、士、十一などに関係する日の由来になること。
などなど、数字の1の持つ魅力がギュッと集まっているのと、1並びのわかりやすさ、ゾロ目の憶えやすさが11月11日の記念日の多さにつなががっているのです。(写真は11月11日を代表する記念日「ポッキー&プリッツの日」のポッキーとプリッツ)

※今年は11月11日に、この日が記念日の食べ物をみんなで食べようという「たべもの記念日まつり」が東京・高田馬場で開かれます。興味のある方はぜひご参加ください。詳しくは11月1日の新着情報をご覧ください。