2020年5月18日
5月18日は「ことばの日」。私が大好きな言葉は「向かい風は、人生のプロペラを回す」です。日本記念日協会/代表理事・加瀬清志

昨年の10月5日に正式に認定登録された「ことばの日」。申請者は「横浜みなとみらいBUKATSUDO連続講座 言葉の企画2019」の企画生です。日付は5と1と8で「こ・と・ば」の語呂合わせですが、その目的は「ことば」を大切に使い、「ことば」によって人と人が通じ合えることに感謝し、「ことば」で暮らしをより豊かにすることです。

 その制定者のみなさんが5月16日に「ことばの日制定記念祭」をオンラインで開き、総勢441名の人が参加されました。その中に「#ことばの日だから好きな言葉を晒す」というテーマでツイッターで公式アカウントをリツイートすると、おみくじのようにことばを贈る「ことばガチャ」という企画があり、私も好きな言葉を晒してみました。それが「向かい風は、人生のプロペラを回す」です。そのココロを「ことばの日制定記念祭」の関係者の人が読み取り、書いてくれたのが下の画像左側の文章です。

 身体がしんどいとき、心が疲れ切ったとき、何をやっても思いどうりにいかないとき、まさに向かい風のとき。それをひとつのきっかけ、心を動かすチャンスと捉えて、「ヨイショ」と一歩踏み出してみると、人生のプロペラが回り始めて今までとは違う風景、今までとは違う自分に出会えるよ。という前向きの「ことば」です。そう、向かい風を感じるのは、逃げず、迷わず、諦めずに前を向いて生きてきた証拠なのですから。