1. 記念日登録制度の概要

一般社団法人 日本記念日協会(以下、当協会と表記します)では記念日文化の発展を願い、従来からある記念日はもちろん、新たに誕生した記念日、これから制定を目指している記念日などを認定登録する制度を設けています。
業界団体、企業、個人の方々などで、自らの記念日を当協会に登録したいとお考えの場合は、記念日の名称・日付・由来・目的・活動などの必要事項を、所定の「記念日登録申請書」にご記入の上、郵便、宅配便、FAXにて当協会までお送りください。(資料等がある場合はFAX以外の方法でお送りください)

「記念日登録申請書」は本ページの内容をご確認いただき、ページ下部の「記念日登録申請書ダウンロードよりPDF形式
もしくはWord(.docx)形式でダウンロードしてください。

本ページに記載している記念日登録制度の内容は随時変更することがありますので、最新のものをご確認ください。

お送りいただいた申請書については当協会の審査会において、申請者の情報・記念日の名称・日付・由来・目的・活動内容・今後の予定などを審査し、登録合格の場合のみ書面(郵送)にて通知します。不合格の場合、その理由なども含めて通知、回答はいたしません。

なお、以下に合致又は類すると協会が判断したものに関しては登録できません。

  • 他者の権利(商標権など)を侵害するもの及び権利者が公表を拒むもの
  • 名称、日付、由来、目的、活動などが不明瞭のもの
  • 既に登録されている記念日と同名、同音など錯誤の恐れがあるもの
  • 特定の政党及びその政治活動、特定の宗教団体及びその宗教活動
  • 反社会的な活動の要素がみられるもの
  • 記念日文化の発展を損なう恐れがあり、記念日の登録に馴染まないと当協会が判断したもの
  • 当協会の信用を傷つけるおそれがあると判断したもの

また、すでに当協会によって記念日登録されたものでも、以下に該当する場合は登録を取り消す場合があります。

  • 登録後に前記と同様の判断が当協会によってなされたもの
  • 記念日についての活動が行われていないと当協会が判断したもの
  • 記念日制定者と連絡が取れなくなったもの

合併や事業拡大などで法人名が変わった場合や、住所、電話番号、担当者、URL変更などの際は必ずご連絡ください。代理店経由の場合においても同様です。
登録が抹消された場合および、正式登録後に制定者自らが登録を辞退された場合も含め、登録料の返金はいたしません。

 

2. 登録手順について

当協会への記念日登録手順の概略は以下のとおりです。

◆STEP.1~2 お申込みと審査
当協会では原則として、毎週火曜日に当日までに受理した申請書の審議を行う審査会を開いています。申請書の内容によっては、審査会での意見を元に内容確認のご連絡や、追加資料のご提出などを依頼する場合があります。なお、ご回答のタイミングや内容によっては次回以降の審査会に繰り越されます。

◆STEP.3 合格の通知
審査会の中で登録合格に相応しいと判断された場合は、書面にて合格通知書および請求書を郵送いたします。代理店経由での申請など、申請者住所と合格通知先の住所を変更したい場合などは、予め申請書にその旨をご記入ください。不合格の場合は、結果やその理由なども含め通知・回答はいたしません。

◆STEP.4~5 正式登録 
正式な登録日は登録料をお支払いいただいた日となり、その日付の記載された「記念日登録証」をお送りします。また、当協会の記念日データベースに記念日情報が登録され、協会公式Webサイト(当サイト)上にも記念日の名称と日付、由来文が掲載されます。掲載された記念日の名称と日付、由来文は当協会が著作権を保有し、記念日のPR活動に役立てます。

◆登録後
以降、登録から5年を目処に記念日登録を継続されるかどうかを、当協会からお送りする「記念日登録確認書」で確認させていただき、継続の意思及び活動があると認められた場合は登録継続となります。その際、更新料は発生しません。
「記念日登録確認書」が指定期間を過ぎても未提出の場合や、すぐに連絡が取れずに確認が出来ない場合は登録抹消となりますのでご注意ください。(代理店経由の場合においても同様です)

一度、登録抹消となった記念日の再登録を希望される場合は、新たに「記念日登録申請書」をお送りいただき、審査を受けていただく必要があります。

 

3. 登録効果と登録料

日本記念日協会の記念日登録制度に登録されますと・・・

  • 当協会の公式Webサイトに協会認定記念日として、名称、日付、由来、制定者のURLが掲載されます。ご希望により画像や動画などを掲載することも可能です。記念日の由来文は日本記念日協会が独自に作成したものを掲載します。以降、記念日はその年の該当する日付のところに表示され、登録が継続される限り毎年掲載されます。年ごとに日付が移動する記念日については毎年1月1日に日付を修正し、その年の該当する日付のところに表示します。また、「今日の記念日」の日付検索やキーワード検索での対象となります。【※】
  • 登録された記念日をオフィシャルに使用する際、イベント・告知などにおいて「日本記念日協会登録済」と謳うことができます。
  • 当協会発行の「月刊・記念日情報」に名称、日付、由来などの記念日情報が掲載され、情報の速やかな発信が可能になります。
  • 新聞・テレビ・書籍・雑誌・カレンダー・ラジオ・インターネットなどのマス・メディアからのアプローチにおいて、名称、日付、由来などの記念日情報を告知する事で、実践的なPR活動として効果的です。
  • 対外的なアピールだけでなく、社内、団体内のモチベーションの向上、イベント企画のきっかけづくりなどにも役立ちます。
  • 記念日は毎年やってくるため、記念日を軸にした継続的な活動を定番化することで、年中行事のように世の中に新しい文化を生み出すきっかけとして活用いただけます。

【※】
・2月29日(閏日)は日付検索、キーワード検索でのみ表示されます。
・画像は解像度1024×768ピクセルを最大3枚まで(掲載後のサムネイルでは160×120ピクセルで表示)、動画はYouTube公開済みの1点となります。登録された記念日に関係する写真や企業のプロモーションビデオなど、制定者が著作権や肖像権を有しているものに限られます。画像・動画の内容が協会公式Webサイトに掲載するのに相応しくないと協会が判断したものは掲載いたしません。また、掲載された画像・動画は該当記念日のPRのために、他の媒体での使用を許可することがあります。なお、掲載後に変更・追加登録する場合は別途手数料を申し受けます。

●登録料について

日本記念日協会の記念日登録料は以下のとおりです。(以下税別表記)

記念日登録料 15万円/1件

また、同一記念日について年2日以上の登録をご希望の場合は以下のとおりです。(以下税別表記)

年に2日 25万円
年に3日 30万円
年に3日以上(~週間、~旬間など) 30万円+以降1日毎に5万円
年に12日以上(毎月同日、~月間) 別途お電話でご相談ください

●記念日登録証について

記念日登録証(見本)

登録をいただいた制定者の方には、その記念日が日本記念日協会に正式に登録されたことを証明する「記念日登録証」(ガラス面の額入り・送料込み)をお送りいたします。

記念日登録証には「制定者の名称」「記念日の名称」「記念日の日付」「記念日登録日」が記載されます。

記念日の制定者が複数の場合などで、記念日登録証が2枚以上必要な場合は、別途1枚につき3万円(ガラス面の額入り・送料込み・税別)で発行いたします。

この記念日登録証を複製(カラーコピーを含む)することはできません。

●注意事項

記念日登録審査において審査料は発生しませんが、以下に該当する場合、合格の取り消しおよび審査等に要した経費として登録料の半額を請求いたします。

  • 合格通知発送後に、申請者自ら登録の取り消しを希望された場合
  • 期日までに登録料のお支払いがなされなかった場合

また、社名変更などにより登録されている記念日制定者の名称が変更された場合は「記念日登録者の名義変更届」を提出していただきます。名義変更が認められると、その証明として新しい制定者名の「記念日登録証」(5万円・送料手数料込み・税別)を発行します。「記念日登録者の名義変更届」の書面は日本記念日協会に電話でお申し込みください。
社名変更などで制定者の実質的名称が変更されているにも関わらず名義変更届を提出されない場合、情報の混乱をさけるために登録を取り消します。なお、登録された記念日の他者への譲渡は認められません。

 

4. 記念日登録申請書のダウンロード

記念日登録申請書は以下よりPDF形式またはWord(.docx)形式でダウンロードいただけます。
申請書の使用にあたっては、本ページの内容に合意していただいたものとみなします。
ご記入いただいた記念日登録申請書は、郵便、宅配便、FAXでのみ受け付けております。

 

●申請書送付先

〒385-0004
長野県佐久市安原1505-11
一般社団法人 日本記念日協会
TEL/FAX:0267-68-2465
(電話対応時間は土日祝日を除く平日9:00~17:00のみ)

 

5.「記念日登録証」の授与式イベントについて

記念日を登録された方の中で、社会的なPR効果、企業・団体など内部の認識の共有のために、記念日登録証の授与式イベントを行いたいという方が増えています。その際には日本記念日協会から役員を派遣し、登録証の授与とその記念日についてのスピーチを行わせていただきます(別途、派遣費、交通費などが必要です)。
ご希望の場合は「記念日登録申請書」の備考欄に「登録証授与式希望」とご記入ください。費用など詳しくはお電話でお問い合わせください。

 

記念日登録制度について
公開日:2013年8月1日
改訂日:2019年8月19日