2022年9月12日
「球根で求婚記念日」(9月5日)の記念日登録証授与式が、記念日を制定した大阪府大阪市のネットで球根や観葉植物を販売するフラワーガーデン花恋(カレン)で行われました。

女性から男性へ恋を打ち明けるバレンタインデーとは逆に、男性から女性へ求婚(プロポーズ)をするきっかけ作りとして、この日に球根をプレゼントして欲しいとの願いを込めて誕生した「球根で求婚念日」。その記念日登録証授与式が大阪・天満橋にほど近いフラワーガーデン花恋(カレン)の事務所で行われました。

式典では「球根」と「求婚」を掛けて9月5日を記念日とした大阪府大阪市で球根や観葉植物のネット販売を手がけるフラワーガーデン花恋(カレン)を運営する渡辺徹也氏(写真・左)に日本記念日協会の加瀬清志代表理事(写真・右)から記念日登録証が授与されました。

さて、「9(きゅう)と5(こ)ん」の9月5日に球根をプレゼントして求婚をというギャグのような記念日ですが、こうしたユーモアと愛情がありプレゼントアイテムがある記念日は、ひとつの物語が加わると多くの人の共感を得ることができます。求婚用の球根には深い愛情を表す赤いリボンを巻き付けるとか、球根が咲かせる花の花言葉を記したカードを添えるなどの演出をしてみるとか、「二人でこの球根が花を咲かせる日まで過ごしませんか。もちろん、来年も再来年も、十年後も二十年後も。何十もの花を咲かせる人生も楽しいと思いますよ」という言葉でプロポーズするのはどうでしょう。